エイジングケアの神日記!

マカロン
ナポレオン
HOME => R30って20代前半と比べると若

R30って20代前半と比べると若

R30って20代前半と比べると若くないし、多忙だしで、なんだか損ですよね。どうせあそびに行かないしとスキンケアの手抜きが慢性化していたら、電車の窓に写った自分の顔にがっかりしてしまいました。ずっと俯いていたせいかも知れませんがハリがなくたるんでいて、いつのまにこんな顔になったー?!と思いました。



ショックでしたけど、同時になんだか納得しましたね。

体も肌も心も、疲れをのこしてはダメなんです。
しっかりケアして栄養を届けてあげて十年後に後悔しない、ずっときれいな肌でいるためのお手入れをかかさないようにしようと思いました。
こういう手間って、自分自身でしかできないですのでね。
三十路も半分まで来るとシミなるものが頬や手などにあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。
私の場合は原因がはっきりしていて、日焼けによる紫外線のダメージです。幼い我が子と平日は二人で、休日は夫と伴に公園に行き、コドモの大好きな遊具や砂あそびでごきげんな時間を過ごします。早く出かけたいコドモは自分の準備が終わるともう待てません。ぐずぐずしているとぐずりだして出かけられなくなってしまうことも。自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。

それでも、日焼けしてシミになってからでは手遅れなのです。
時間をひねり出してでも対策すべきでした。お肌のケアについて悩む事はよくありますよね?トラブルのない美しく強い肌にしたいと思うなら肌の調子を崩す原因をしっかりと特定して対策を練ることが第一です。生活習慣などが原因となる事もありますが、アレルギー性の肌トラブルという場合もあります。


気づいたらシワができたなんて言っていながら、実はシワには原因があることはご存知なのでは。

立とえば真っ先に思いつくのは、乾燥でしょう。



乾燥すると皮膚が薄く弱くなり、皮膚の常在菌のバランスが崩れて乾燥肌なら小ジワ、脂性肌の人にはヨレ(のちに大ジワ)として現れてきます。気づかないうちに乾燥することもあるので、保湿ケアは怠ってはなりません。メイクの上から使える粒子の細かい間ちがいトを使ってマメにお肌に水分補給し、湿度が高い夏は汗で気づきませんが、紫外線で肌の表面が乾燥しているので清潔を心がけ、丁寧にスペシャルケアを行なうと、老化(シワ・たるみ)を防いで、きれいな素肌になります。鏡を見て、加齢に伴うシミににショックを受けたことはありませんか。
ただし、シミの形状や気になる部分はどこか、といったことで、いくつかの種類に分けることができ、ドラッグストアで薬剤師さんに相談したり、クリニックへ行くという対策もあります。薬による体内からの治療だけでは、対応できないシミもありますから、そうしたシミ対策でお悩みの方は、内服薬による内からの治療に加えて、外からのレーザー治療も検討してみてちょーだい。

自分の体に合う化粧品を手に入れても使い方が間違っていたらスキンケアに必要な影響を受けることができないということになることも考えられます。

間違っていない順番と使用量を守ってしようすることが重要です。
顔を洗ったのちには化粧水、ミルキーローション、クリームを順に使用して大事な自分のスキンに水分を与えるようにした方がいいでしょう。美白や肌の保湿など目的に合わせて美しくなる化粧水を利用するのもいいですね。顔にできるシワやくすみの要因の中で乾燥は、おもったより手強い存在です。
表面の乾燥がつづくと皮膚の深い部分の潤いが保持できなくなり、リフティング機能が低下して、たるみやしわとなって表れてきます。目の周囲というのは温度が低く代謝が弱いので外部からの刺激に弱く、シワが出現しやすい場所です。


肌の弾力維持に必要なコラーゲンやセラミド、ヒアルロン酸などは年齢と伴に減少しますから、シワ予備軍とも言うべき肌のたるみが増えやすいので、早めに対策したほうが良いでしょう。紫外線はシワの原因となるので、外へ出掛ける場合には肌に日焼け止めクリームを塗ったり、日傘(紫外線対策の一つとして特に女性がさしていることが多いです)を使って対策するなどしっかりと紫外線対策を行っておきて下さい。


そして、紫外線を多く浴びた時には、ビタミンCの美容液等を肌に塗るなどしてスキンケアをしっかりと行ってちょーだい。



毎日しっかりとスキンケアを続けることで、シワをきっちりと予防することができます。


シミを薄くし、美白するための化粧品は、多くのメーカーから発売されています。


今あるシミを消す場合、まずはシミの原因は何かを掌握することが必要です。
シミの原因に対応した化粧品でなければ、シミが薄くなるどころか、かえって増やしてしまうかも知れません。



医師の診療を受け、薬やレーザーによる治療も考えられますが、日々の生活習慣を振り返ってみることがシミを薄くし、健康な白い肌へと導く方法だと言いきってよいでしょう。



基礎化粧品を使う手順は人間それぞれだと思います。わたくしは普段、化粧水、美容液、乳液の順序で使いますが、出だしに美容液を使用するという人もいます。どの方法が最良私のお肌に合っているお手入れ方法なのかは現にためしてみないと定かではないのではないでしょうか。

関連記事

道
Copyright (C) 2014 エイジングケアの神日記! All Rights Reserved.